シルバーのおはなし お手入れのおはなし アレルギーのおはなし





シルバーのおはなし


シルバーって?

紀元前3500年頃のメソポタミアや古代エジプトから使われるようになった歴史のとても古い金属です。

落ちついた柔らかな白い光沢が特徴で、すべての金属のなかでもっとも可視光線の反射率が高く

(反射率は90%、赤外線は98%を反射します)、研磨することによってプラチナよりも強い輝きを出すことができます。

ピカピカに磨き上げるとホントに鏡みたいです。

また、金属の中で、熱と電気の伝導率が最も高いのがシルバーです。


でもシルバーの特徴の中で一番問題なのは変色してしまうことですよね。



どうして変色するの?

シルバーは空気中の硫化水素や、水分中のオゾンや二酸化硫黄と反応して

表面に硫化銀を作り、黒くなったり光沢を失ったりします。

これを硫化といいます。

空気中の酸素によって酸化するとよく言われますが、これは間違いなんですね。

すぐ黒くなっちゃうというのは困りもののようでもありますが、これがシルバーの最大のいいところでもあります。

普段使っていて、陰になる部分や模様の隙間などにきれいに陰影がついてこそ

シルバージュエリーの味が出てくるんだと思います。

でも、きれいな『陰影』ならいいのですが『真っ黒』・・・これはちょっと困りますね。

普段ずっと身に着けていると変色しにくいのですが、長い間使わずにおいたり、温泉、海水、汗、化粧品、洗剤

シャンプー、パーマ液・・・などが原因で変色する場合があります。

これらに触れるときははずすようにしましょう。

でも黒くなったらどうすればいいの?

という時は、お手入れのおはなしをご覧ください。



純度って?

純度とは、純銀の入っている割合の事で、現在日本では「1000」、「950」、「925」、「900」、「800」

という5種類があります。

「950」というのは95.0%の銀と5.0%のほかの金属(銅など)からなるシルバーという事です。

「1000」の純銀は100%銀と言うことです。


なぜほかの金属を混ぜ合わせるのかというと、用途に適した硬度を持たせるためです。

純銀は柔らかすぎるので、このままではあまり使われません。

普通、日本でアクセサリーに使われているのは、「925」が一番多く、STERLINGとか925と刻印が入っています。

これは、量産品や、一品ものでもロストワックス製法など、型を取って地金を流し込む鋳造(キャスト)に使われます。

「950」には、SILVERと刻印が入っています。適度な柔らかさがあり、ハンドメイドに適しています。

そのほか「900」、「800」は、雑貨や装飾品に使われます。



シルバージュエリーの魅力

おなじ白色金属のプラチナの黒っぽい重い光とは違い、白く柔らかい光沢があります。

また、使い込むと陰影ができいい味が出てきます。

こんなふうにひとつでいろんな表情が楽しめます。

また、比重がプラチナの半分ほどなので、おおぶりなデザインの物が楽しめます。

リングなどはいいのですが、イヤリングやピアスだと重いものは着けられませんよね。

もちろんお値段的にも、ですが・・・。


シルバーは使わずにおいておくと真っ黒になってしまいます。でも、毎日身に着けているとあまり変色しません。

これって、ほったらかしにしないで〜って言ってるように思いませんか?

ホントに世話のやけるシルバーなのですが、手間をかけるほど愛着がわくものです。

お気に入りを見つけたらどうかず〜っと大切にしてあげてください。

▲ページTOP






お手入れのおはなし


シルバーといえば変色!ですよね。

これは硫化といって空気中の硫化水素などと反応して

表面に硫化銀を作り黒くなったり、光沢を失ったりしているのです。

(詳しくは『シルバーのおはなし』を読んでみてください。)

それ以外に、汗やホコリなんかでも、結構汚れています。

これも変色の原因のひとつですし、この汚れはほっておくと

ちょっとやそっとでは落ちなくなってしまいます。

そんなことにならないように・・・

ここでは、お手入れの仕方についてお話しします。



毎日のお手入れ

水か、ぬるま湯でお台所の中性洗剤をちょっとだけ付けて洗ってください。

この後、必ずドライヤーで乾かしてください。

水分が残ったままおいておくと変色の原因になります。

ただし、天然石の付いているものは注意してください。お水が苦手なのもあります。

こういう場合は乾いた布で汗やホコリをふき取ってください。



変色しちゃったら?

毎日お手入れしていても必ず変色はするものです。

これがシルバーのいいところなのですがツヤがなくなってしまったら

重曹(炭酸水素ナトリウム)で磨いてみましょう。

指先に水をつけて、少量の重曹でコシコシしてください。ツヤが出ます。

余談ですが、この重曹、お掃除や、消臭剤、入浴剤などなどいろんな使い道があります。


でももっと白くてピカピカにしたい!という方は、専用のクリーナーを使いましょう。

クリーナーには、布に研磨剤を染み込ませたクロスタイプ

科学的にシルバーの表面の硫化銀皮膜を落とす液体タイプ

研磨剤を配合したペースト状のタイプなどがあります。

クロスタイプのものはそのまま磨いてください。変色も取れ、小キズ程度なら取れてしまいます。

この時、磨いても、磨いても黒いものが布につきます。

なかなか汚れが取れない・・・のではありません。

これはシルバーが削られているのです。磨きすぎに注意してください。

シンプルなデザインのものならこのクロスタイプがお勧めです。


液体タイプのものは、直接液に数秒浸し、その後お水で十分に洗い流し、ドライヤーで乾かしてください。

細かいデザインのあるものや、つや消し加工のもの、ネックレスのチェーンなどにとても便利です。

ただし、ほかの貴金属や天然石に使えないものがありますので、必ず説明書を良くお読みください。

また、いぶし加工のものは、全部取れてしまいますのでご注意を。



ペースト状のものは、柔らかい布に少しつけ磨いてください。

その後きれいな布でくもりが無くなるまで磨いてください。



お手入れしてもきれいにならない!

いろいろやてみたけどきれいにならないし、キズもいっぱいついちゃった。

という場合は、プロにお任せしましょう。

お買い求めのお店にご相談してみてください。



いつまでもきれいにしておくには?


シルバーはだいじにお手入れをすればいつまでも輝きを失うことはありません。

まず、こまめにお手入れすること、変色の原因(シルバーのおはなしを読んでみてください)になるものは避けること。

使わないときは、チャックのついた袋などに入れてできるだけ空気に触れささないようにすること。

あと、一番効果的なのは、毎日身に着けること。ですね、やっぱり。

▲ページTOP





アレルギーのおはなし


金属アレルギー・・・ 難しくて長〜いおはなしになるので今回はおもにシルバーについておはなしします。


金属アレルギーって?

普段身に着けている金属が、汗や体液でわずかながら溶けだし、イオン化した金属(これを『アレルゲン』と呼びます)

が体内に入った場合、そのアレルゲンを滅殺しようとして体が抗体を作り、次回に同じアレルゲンが体内に入ってくると

その抗体がアレルゲンと激しく反応し、その際に体に腫れやかゆみ・痛みを発病することをいいます。

またこのアレルゲンは人によって違います。

Aさんは銅イオンに対して抗体を作り、Bさんはニッケルイオンに対して抗体を作り

またCさんはぜんぜん抗体をつくらなかったり。

それから、初めて着けたときに起こる場合もあれば、数十年経ってから起こる場合など、いろいろです。


原因になる金属って?
 
普通ジュエリーや、アクセサリーといえば、プラチナ、金、シルバー・・・ですよね。

でもこれらじたいはアレルギーを起こすことはほとんどありません。(ごくまれにはあるそうですが)

原因になる主な金属はニッケル・スズ・パラジウム・クロム・銅 などです。

ニッケル?パラ・・?とお思いの方が多いと思いますが、プラチナ、金、シルバーなどは

これらの純金属だけでは柔らかすぎるために、割金といって別の金属を混ぜ合わせて使います。

この割金に使われているのが、ニッケル・パラジウム・銅 などなのです。

そのほかにもメッキの下地に使われていたりもします。

よく、アレルギーなのでシルバーはダメという方がいらっしゃいますが

それは、シルバーアクセサリーがはやりだしたころ

ニッケルやスズを含んだ粗悪なシルバーが出回り、それをつけてアレルギーを起こすことが多かった為に

シルバーはアレルギーを起こしやすい!という説が定着したのです。

それでもシルバーはダメという方は、銅に対してアレルギーをお持ちなのだと思います。

そういう方はゴールドにも注意が必要です。

では、何に何が入ってるの?を簡単にご紹介しておきます。

 シルバー950 シルバー95.0%+銅5.0%
 シルバー925 シルバー92.5%+銅7.5%
 Pt900 プラチナ90%+パラジウム10%
 Pt850 プラチナ85%+パラジウム15%
 K18イエローゴールド 金75%+シルバー15%前後+銅10%前後
 K18ピンクゴールド 金75%+シルバー10%前後+銅15%前後
 K18ホワイトゴールド 金75%+シルバー15%前後+パラジウム10%前後
国産の商品の場合ほとんどロジウムメッキがかけられています
ロジウムに対するアレルギーもあるようです
 K14ホワイトゴールド 金58.5%+シルバー25%前後+ニッケル21.5%前後
国産の商品の場合ほとんどロジウムメッキがかけられています
ロジウムに対するアレルギーもあるようです

(この表は標準的なものです。独特の色目や、硬度を出すためなど、これ以外の割金を使われているところもあります。)



予防するには?

アレルギーをお持ちの方は皮膚科などで、どの金属に対してアレルギーを持っているのか

お調べになって、自分にあったジュエリーを選んでください。

また、よく勘違いされるのは、お手入れせず汚れたままだったり

クリーナー液を十分洗い落とさなかったりしたジュエリーを身に着けて

ばい菌や薬品によって皮膚がかぶれてしまうことがあります。

これは金属アレルギーとはまったく別物です。ご注意ください。


まだまだ説明不足な点もあると思いますが、私のわかる範囲でおはなししてみました。

少しはお分かりいただけましたでしょうか?






プロフィール   おはなしイロイロ   イベント   メディア   ギャラリー   アクセス&コンタクト